緊急避妊薬

vial pouring capsules

アフターピルというのは緊急用の避妊薬として活躍しています。
性行為をする際に避妊をしていたも避妊に失敗してしまった…ということはよくあります。しかし、そのまま放置していると姙娠してしまう可能性があります。子供が出来るのは望まないという場合には、性行為後に対策できる避妊薬を服用するようにしましょう。

アフターピルには、膣内に侵入してきた精子を弱める、子宮内膜を剥がす役割があります。そのため、万が一受精卵ができてしまった場合でも着床させることはありません。
ただ、性行為をしてから72時間以内に服用しなければ効果は得られません。そのため、すぐに対応できるように常備しておくことをおすすめします。24時間以内に服用すればほぼ確実に避妊が成功します。

アフターピルを服用することで子宮内膜が剥がされますので生理と同じ現象がおきます。
生理が確認できれば避妊が成功となりますが、生理が訪れるタイミングと言うのは個人差があります。早い人であれば3日後、遅ければ3週間後に訪れると言われています。どうして生理が来るタイミングは人によって違うのか?ということですが、その違いは服用のタイミングが関係しています。
排卵前であれば自然の生理とタイミングが重なるケースが多いので、比較的早く生理が訪れます。一方、排卵後であれば次回の生理と重なりますので、生理が訪れるタイミングが遅くなります。
タイミングを知っておくと「全然生理が来ないんですけど!」というように焦ることはありません。